ヴェルファイアをマイナーチェンジ | ネッツトヨタ茨城

イベント&お知らせ

ヴェルファイアをマイナーチェンジ

ヴェルファイアをマイナーチェンジ

TOYOTA、ヴェルファイアをマイナーチェンジ
-自転車や夜間の歩行者も検知可能な予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」(第2世代版)を標準装備-

 

TOYOTAは、ヴェルファイアをマイナーチェンジし、2018年1月8日に発売します。

 

今回のマイナーチェンジでは、第2世代を迎えた予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備。単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、自転車の運転者や夜間の歩行者も検知可能になっています。また、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う新機能「レーントレーシングアシスト」を搭載など、予防安全装備を充実させ、安全運転支援の強化を図りました。

 

走行性能では、よりダイレクトな走りの実現と高い燃費性能を確保したV6・3.5Lエンジン(2GR-FKS)&Direct Shift-8ATを採用。構造用接着剤の適応範囲拡大や高剛性ガラス接着剤の使用などによりボディ剛性を高め、優れた操縦安定性と乗り心地を実現させています。

 

また、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良施すとともに、“サイドリフトアップチルトシート装着車”を新設定しました。

 

【予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備】

「統合安全コンセプト*6」に基づいた衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense P」に設定されているプリクラッシュセーフティをはじめとする各種機能の性能を向上させるとともに、新たに「レーントレーシングアシスト)」、「ロードサインアシスト」などをパッケージ化し、安全装備がさらに充実。高い認識性能と信頼性を両立させることで、多面的な安全運転支援を可能にしました。

 

<Toyota Safety Senseの機能>
・昼間の自転車の運転者や夜間の歩行者の検知機能を追加した「プリクラッシュセーフティ」
・レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行うほか、車線から逸脱する可能性があることを警告し、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作支援をする「レーントレーシングアシスト)」
・設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行が行える
「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」
・先行車や対向車を遮光しながらハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム」
・カメラで認識した道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らし、安全運転を促す「ロードサインアシスト」

 

<付帯機能>
・先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ドライバーにお知らせする「先行車発進告知機能」


 

ヴェルファイア車両情報はこちら
http://toyota.jp/vellfire/
ヴェルファイアウェルキャブ車両情報はこちら
http://toyota.jp/vellfire/welcab/

一覧に戻る