新型ランドクルーザー登場!

新型ランドクルーザー登場!

TOYOTAは、新型ランドクルーザーを8月2日に発売しました。

新型ランドクルーザー

世界各地で人の命や暮らしを支える、より豊かな人生を支える一台

ランドクルーザーは1951年8月、強力なエンジンを備えた4輪駆動車、TOYOTA BJ型として誕生し、以降70年にわたり、それぞれの時代で「お客様をはじめ、このクルマに関わる様々な人々に安全と安心をお届けすること」を目指しています。

世界各地で人の命や暮らしを支える、また、より豊かな人生を支える存在として「どこへでも行き、生きて帰ってこられること」を使命としてきたランドクルーザーは、その本質である「信頼性・耐久性・悪路走破性」を世界中のお客様の使用実態に基づいて鍛え、進化させてきました。これまで累計約1,060万台、年間30万台以上*1のランドクルーザーを、世界170の国と地域のお客様にご愛用いただいています。
*1 2021年6月末時点。累計販売台数、年間販売台数ともLEXUS LX、GXを含む数値

車両概要

(1)高次元な走りと、環境性能の向上を目指したGA-Fプラットフォームの採用
◆ボディ、フレーム : 高い剛性を確保しながら、車両として約200kgの大幅な軽量化を実現
新型ランドクルーザー分解図

◆新開発サスペンション : オンロードの操縦安定性とオフロードの走破性を高次元で両立
新型ランドクルーザー分解図

◆ランドクルーザーならではの新機構 : 悪路での耐久性と時代のニーズに対応
・操舵アクチュエーター付パワーステアリング
・電子制御ブレーキシステム・・・ブレーキペダルの操作量をセンサーで検出し、最適な制動力を油圧ブレーキで創出することでよりリニアな制動特性を得られる、電子制御ブレーキシステムを採用。[ZX、GR SPORT、VXに標準装備]

◆その他の、操縦安定性・操作性向上を目指した装備
・リヤ トルセン※ LSD
リヤタイヤのトラクション性能を確保するトルセン※ LSDを採用。旋回加速時には後左右輪の荷重に応じて駆動力を最適に配分し、高いコントロール性能を実現。直進では路面状況の変化にレスポンスよく反応し、安定性の確保に貢献します。[ZXに標準装備]
※トルセン は株式会社JTEKTの登録商標です。

・オフロード走行のサポート機能を多数搭載

(2)ランドクルーザーにふさわしいパワー・環境性能を兼ね備えた新パワートレーン

◆3.5L V6ツインターボガソリンエンジン(V35A-FTS)
新型ランドクルーザーエンジン
TNGAの思想に基づきランドクルーザー伝統の信頼性を継承した、最高出力305kW(415PS)、最大トルク650N・mの3.5L V型6気筒ツインターボガソリンエンジンを新開発。マルチホール直噴インジェクタ付D-4STの採用やロングストローク化、バルブ挟角の最適配置による高速燃焼と高効率ツインターボが力強い低速トルクと優れた過給レスポンスを生み出します。

◆3.3L V6ツインターボディーゼルエンジン(F33A-FTV)
新型ランドクルーザーエンジン
ピストン燃焼室、吸気ポート、インジェクタといったエンジン各部の構造を最適化し、227kW(309PS)の最高出力、700N・mの最大トルクと、優れた燃費性能を両立しました。
走りの面では、新採用の可変ノズル付2ウェイツインターボが、あらゆるシーンで爽快な加速感をもたらす過給性能を実現。低速域ではシングルターボの高レスポンスによる力強い加速に、高速域ではツインターボの大吸気量によるのびやかな加速に寄与します。

新型ランドクルーザー価格

ランドクルーザーの詳細はこちら

https://toyota.jp/landcruiser/

ランドクルーザーの価格・グレード

https://toyota.jp/landcruiser/grade/

一覧に戻る