新型車ヤリス、2020年2月10日に発売

新型車ヤリス、2020年2月10日に発売

走る楽しさと、WLTCモード36.0km/L(HYBRID X)の低燃費、最新の安全・安心設備を備えた。コンパクトカーの域を超える新時代コンパクトカー


新型車ヤリス2020年2月10日発売

 
新型車ヤリスは、コンパクトカーならではの「軽快なハンドリング」という強みを活かしつつ、お客様の既成概念を大きく超える「上質な乗り心地」と「最新の安全・安心技術」を備えたクルマを目指して開発されました。コンパクトカー向けTNGA*1プラットフォーム(GA-B)を初採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディ。新開発「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」を採用した新世代ハイブリッドシステムは、力強くシームレスな走りとともに、クラス世界トップレベル*2となるWLTCモード36.0km/L*3の低燃費を実現しています。さらにトヨタのコンパクトカーとして初めて、E-Four(電気式4WDシステム)を搭載しました。
 

新開発コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)

 
ガソリン車は新開発「直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン」に、スムーズでダイレクトな加速を実現するDirect Shift-CVT(4WD設定あり)、または6速マニュアルを採用。さらに、改良を加えた1.0Lエンジンと小型軽量化したCVTとの組み合わせもラインナップしています。
 
また、トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]*4や、交差点右折時の対向直進車・右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新の「Toyota Safety Sense」*5、楽に乗り降りできる「ターンチルトシート」*6など、多くの先進・便利機能をいち早く採用しています。
 

ディスプレイオーディオとスマフォ連携

スマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」も全車に標準装備しています。
 
*1 TOYOTA New Global Architecture。トヨタ自動車が、基本性能や商品力の飛躍的な向上を、良品廉価の考えのもと、技術・営業・調達・生産技術など、各領域が一体となって取り組んでいる活動
*2 ガソリン乗用車コンパクトカークラスでの比較・2019年12月現在、トヨタ調べ
*3 国土交通省審査値。WLTCモードは市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。36.0km/LはHYBRID Xの燃費になります。
*4 ハイブリッド車にオプション設定。人とクルマが、気持ちが通った仲間のような関係を築くという、トヨタ独自の自動化の考え方に基づいた最新鋭の駐車支援システム
*5 X”B Package”を除いて標準装備
*6 HYBRID G、HYBRID X、G、X、X”B Package”にオプション設定

 
ヤリス価格表
 
新型車ヤリスには、ウェルキャブシリーズとして、35kgまでの車いすをラゲージルームへスムーズに収納できる「車いす収納装置付車」を設定。電動のため、力の弱い介助者でも容易に積み下ろすことが可能です。タイプIには、助手席が回転しながらチルトするターンチルトシートを、タイプIIには助手席に加え、運転席にもターンチルトシートを標準装備しています。
 
ウェルキャブ価格表
 
ヤリスについての詳細はこちら
https://toyota.jp/yaris/
 
ヤリスウェルキャブについての詳細はこちら
https://toyota.jp/yaris/welcab/

一覧に戻る